満足のいく名付け法|赤ちゃんの名付けは決定前に姓名判断で占っておこう!
ホログラム

満足のいく名付け法

指で押す女性

姓名判断の占い結果に従って赤ちゃんの名前を付ける場合、以下の手順に従うと安心です。

手順1:天格を調べておく

赤ちゃんはこの世に生を受けた時点で、苗字が確定します。苗字の総画数である「天格」は、その苗字を名乗る上で抗えない家系の宿命を表しています。
もし天格が「凶」であるようなら、他の「五格」はできるだけ「吉」または「大吉」にしたいものです。

手順2:地格、総格が「吉」以上となる画数を把握する

姓名判断では名前の総画数を「地格」、姓名全ての総画数を「総格」と言います。地格は未成年期に培われる体力・知力などの素質を表し、総格は人生全体の総合運を表します。
天格、地格、総格の間には、以下の関係があります。

天格+地格=総格

つまり天格が分かった時点で、地格、総格が「吉」以上となる画数もまた分かるのです。各画数ごとに吉凶が決まっていますから、地格、総格が「吉」以上となる画数をリストアップしておきましょう。

手順3:名前を2文字以上としつつ地格、総格を「吉」以上とする

次はリストアップした画数に地格と総格がなるように、名前を決めていきます。この時、名前は「2文字以上」にしましょう。
1文字の名前は、姓名判断ではどのような運勢であれ人生の成功・失敗が人によってはっきり分かれるとされています。つまり、1文字の名前というのは「ギャンブラー」の運命を我が子に課す事になるのです。できるだけ避けましょう。

以上の手順によって、姓名判断の占い結果に基づきつつ、親としても満足できる赤ちゃんの名付けが可能です。